大会

テニス大会の観戦

近年、日本のテニス人気というのはこれまでにない状態にあります。多くの先人たちの活躍もさることながら、一人の日本人が世界トップ10に名を連ねている現代では、競技人口だけでなく大会を観戦するだけのファンも非常に増えています。テニスは、最低2人入れば競技を始める事ができる球技で、実際にやってみると瞬発力などが必要になる事もありますが、自分のペースでも行う事ができるスポーツですので、非常に息の長い運動と言っても過言ではありません。

実際に高齢者になっても続けている人も多くいますし、マスターズのような年代別の国際大会も多く開催されています。実際に自分で競技を行う人とは別に、お目当ての選手を観戦する楽しみ方もあります。実際に日本で行われる国際大会ではチケットがプレミアチケットになる事が非常に多く、発売と同時に完売しる事も少なくありません。

特に決勝や決勝などは運任せでしか購入する事ができません。現在現役で日本を代表する活躍をしている選手はもちろんですが、他にもしっかりとした育成プランによって多くな選手が育ってきていますので、日本のテニス界は今後も盛り上がる事は間違いありません。実際にテニスを行う方も、観戦がメインの方も、楽しみな時代になりました。

テニス
写真

テニス観戦をする時の写真

テニスは人気のあるスポーツでプロの試合を観戦することもありますが、その時は守るべきマナーがあります。このスポーツは集中して行うものなので、ちょっとした音でもプレイに支障がでます。テニスは神経質なスポーツですから、できるだけ音を発生させないように見ることが大事です。観戦をする時は写真を撮ることがありますが、その時はフラッシュをしてはいけません。

フラッシュをすると選手の迷惑になるので、特に試合中はフラッシュをして光を出すのはやめるべきです。また写真を撮る時は席を移動しようとする人もいますけど、そういう事もしてはいけません。会場によっては席の移動ができることもありますが、基本的に自分の席から撮影をするべきです。撮影をする時はできればプレイ中ではなく、試合の前のウォーミングアップまでにした方がいいです。試合中は何かと迷惑になりますから、撮影をするのは試合が始まる前か終わった後が向いています。

テニスを観戦する時の写真撮影では、フラッシュを使わず撮影時に音が出ないようにするべきです。そうすればプレイをしている選手の迷惑になりませんし、トラブルが起きない形で撮影ができます。また最近のカメラは動画撮影ができるのももありますけど、動画の撮影は禁止されているので注意がいります。

テニス
グランドスラム

テニス観戦 グランドスラム

テニスの大会の中でも、もっとも盛り上がるのがグランドスラムです。グランドスラムとは国際テニス連盟によって定められた四つの大会を示し、全豪オープン、全仏オープン、全米オープン、それにウィンブルドン選手権となります。どれもが大会として歴史を持ち、開催時にはたくさんの観客が観戦のために詰めかける大きな試合となっています。実力充分な選手達が参加し、白熱した試合を繰り広げてくれます。

数あるトーナメントでも、グランドスラムはやはり別格です。オーストラリアやアメリカ、フランスといった各地での開催時には、その国のテニス協会が運営を務めることになります。男女共催で行われるトーナメントとなっており、内容としては男子と女子それぞれのシングル部門とダブルス部門といった基本部門はもちろんのこと、男女ペアの試合が観られる混合ダブルス部門も注目されます。

四大会すべての制覇を目指す選手も多く、このトーナメントでの勝利はテニスプレイヤーとしての評価にも大きく関わります。テレビ放送などもされるため、現地に赴かずともお茶の間で見守る人も多い大会です。最高峰の試合がたっぷり楽しめる伝統のトーナメントとして、テニス観戦には欠かせない大会となっています。

チケット

テニスの観戦チケット

一昔前まで、日本人が世界のトップレベルで戦い抜く事ができるような時代が来るとは到底予想する事ができませんでした。しかし、今ではさすがに全米、全豪、全仏、全英の4大大会を優勝する事はできなくてもその下のカテゴリーの大会では、当たり前の様に優勝できる選手が男女ともに一人ではありません。また育成にも日本は着実に力を入れていますので、今後も若い世代から世界で活躍するような選手が現われてくれるはずです。

テニスを観戦目的で楽しんでいる方は、試合を観戦する為にチケットを購入すると思いますが、テニス熱が高まっている現在ではプレミアチケットになる場合も少なくありません。特に日本人選手だけでなく世界のトップクラスの選手も参加するジャパンオープンの準決勝や決勝戦ともなるとチケットの購入は運次第になる事が多く、その倍率も非常に高いです。

テニスは一見激しいスポーツに見られがちですが、自分のペースで行う事ができるスポーツですし、最低2人いればできますので、場所さえあれば気軽にできます。非常に息の長いスポーツとして、高齢者の方の競技人口も多く、高齢者向けの大会も全国で開催されていますので、全国各地で競技人口を増やしています。